餃子.log

餃子紹介ページではありません

ジム通い

今年の1月から痩せようと、ジム通いをしている。

頻度として平均週1(週2のときもあれば、二週に1回のときもでてきてまう)

 

ジム通いを始めて3kg程度減量できているので、一定の効果はあるようだ。まだ10kg以上痩せなきゃだけど。

 

減量以外で良かったなと思うこと。

1.減量とちょっと関係するけど、食べる量も1日1300kcalまで~とかきにしなくてよくなった。

1500-1800kcalのあいだで摂れば問題なくなる。(これくらいなら外食でも問題ない範囲になる)

2.自分をほめることができる。

ジムに行ったらそれだけで自己を承認する理由になるし、体重がおちれば、定量的な成果となる。

3.ストレスの捌け口にできる。

ちょうどこの頃残業月40-50h(休憩時間も働くので実質60-80h)していたが、長時間労働からのストレスをTwitterと運動にぶちまけていた。

4.若いネーチャンに元気良く挨拶される。

ジムの従業員はみんな元気である。若くて可愛いネーチャン(ニーチャンもかな、、)に元気良く挨拶されたらこっちまで明るくなる。挨拶されて嫌な人は(あんまり)いないとうのは真理。

 

24時間やってるジムも割とあるので、社畜でも大丈夫!私はおすすめしたいです。

valentine

土岐麻子のPINKより。

これとRain Dancerがすき

 

人は困難を乗り越えたときにのみ強くなると言う。

今がそのときなのだろうかという気持ちである

 

3月は忙しい月だった。ある作業に終電までかけたし、しかしそれは凍結された。再開の見込みはない。

 

4月からは更にプレッシャーのかかる事態になった。逃げてはいられないのだけど。

なるようにしかならないのはわかっていても、感情は制御できない。

 

なるようにしかならない。自分のことは自分でしか救うことができないし、強く生きねばならない。

 

 

CityLights

土岐麻子の「PINK」より。

cymbalsもよいが、単体のが好きだな。

 

 

引っ越しました

先々週の土曜日(18日)に私の荷物を移動した

一昨日の金曜日(24日)に恋人の荷物を移動した

 

ということで土曜から新居

やっと名実共に同棲になるのでしょうか とはいえ もともと恋人とは生活してたので特に変わったところはないけれど

 

この家に住むために、流石に本気でお仕事しないとと思いました

 

というわけで

残業、残業、残業…

有給×直帰×退社フレックスの三段パンチをきめても

今月の残業50hは逃れられなさそうです(休憩時間という時給の発生しないすてきな時間は含めてません、だいたい一日1.25hありますので、働いた日数×1.25×0.7した値を合算してやると実稼働の近似になります)

 

入り用なのでお小遣い稼ぎと割り切ります

誰も救われないとばっちり案件はやめてほしいですね… 悲しい職場SIer..

或るOLの一日

べつに何か曲のタイトルではない

 

 

AM6:45

アラームの音で目が覚めるが二度寝

AM7:00

二度寝からの目覚め。あわただしく支度する。化粧は眉だけ(マスクするしね)頭は天パー

AM8:20

オフィスに到着。今日は電車が空いていた

朝ご飯を購入する

AM8:25

デスクに到着。

まだ始業まで時間があるがエラーメールがあるかどうかはサッと確認する必要がある(エラーでてたら「調査しまーす」ってメールを即ださなければならない)

 

AM8:30

始業。月曜なので茶番みたいな朝礼がある

適当に聞いたあと、朝ご飯を食べながら仕事を始める

午前やったことは以下の通り。低気圧で死んでたので死んでもできる奴を片付けた

  • 工数管理(アホみたいだが15分もずれることがゆるされないためそれなりに管理が要る、わたしはACCESSで管理してる)
  • eラーニング(期限付き必須のがたまっていた。内容は茶番的な奴だがなんかやたら量多かった)
  • 議事録作成(まとまらないエンドレス会議をひたすらまとめる作業)

AM11:45

昼休み開始

セブンイレブンで飯を買いデスクで食べる

その後スマホいじりながら音楽を聴く。

(このとき飛んできたメールのタイトルくらいは追っておかないといけない。エラーでてたら以下略)

 

PM0:45

昼休み終了

午後の仕事を開始する

低気圧で死んでてもやらねばならぬ時がある

以下午後にやった作業(平行でチラホラメール返す)

  • 集計用SQL作成(メンヘラ関係ない作業 即ち割り込み)
  • 進捗表更新(サブシステム4つぶん)
  • 問い合わせ対応(定時間際にきたぞいみわからん ドキュメントはないのでソースを読む)
  • 資料作成(あんたを殺してうちも死ぬ 今後のスケジュールやら進め方の方針やら体制やら現状どうなってるかなど)

PM21:45

退勤。 家が遠い。

PM22:50

帰宅。風呂に入って唯一の楽しみのFEヒーローズとミラクルニキに勤しむ。ネットサーフィンもしちゃう。

AM2:30

一度寝ようと試みたがうまくいかなかったのでこうしてブログをかく。

 

 

 

 

五月の蠅

RADWIMPSの曲ですね

YngwieやIronMaiden、DEEP PURPLEなどにハマっていた中学時代は目もくれなかったが 今はそれなりに好き

アルバムだと絶体絶命が良いですね

 

 

今日したこと

会社を休んだ 昨日から身体が火照って 冷えピタはりながら仕事していた 

昨日会社からかえってきたら 熱があった 動悸もしていた

朝起きたらしんどくて体が動かなかった リリースは先輩に託し(リリース作業は弊社ではしないので確認だけ) 昼までねた

 

起きて 恋人がかなり前に作ったミートソースを解凍して パスタを食べた

それからぼーっといろいろなことを考えた

学生時代を思い出して泣いた

 

昔のこと たとえばいじめられてたこととか 根無し草でつらいおもいしたこと とか 殆ど忘れていたつもりだったけど

今になって少しずつ思い出す

おもえば14歳から20歳まで長くメンタルクリニックの世話になったものだ(就職してからまた世話になったが)

 

大学に入ってから 個性が許されるようになって 楽しくなった 今はもっと楽しい 集団でなにかする必要ないし(会社はお金もらうからある程度割りきれるし) この私でもよいと言ってくれるひといるし 明日からまたがんばらなくては

 

明日から

メンヘラの相手を引き続きします お客さんもPJメンバも私もみんなで心中すればこわくない みんな道ずれに

 

 

再生

安藤裕子の曲 海原の月と並んで安藤裕子で好きな曲である おセンチ度がこちらの方が高い

 

歌うなどした アカペラで歌ってから 伴奏的なものを25鍵盤でたたいてみたが 後半あってないしアカペラ単体のがよかったかも 次からバックはやめよう、、

以下URLより

■URL

https://soundcloud.com/minomucci/20170129a

 

 

昨日からフォロワーであり友人である人たちと 肉を焼いたり音楽を楽しんだりするなどした

年も職種も(IT多いが)様々だが 向こうがどう思おうと私は友人だと思っているし 彼ら彼女らのおかげで 死ぬことなく今こうしていることができるのだろうとおもう

 

「元気になったね」といわれたのはとてもうれしい でもみんながいてこそである あのときの私はもういない(たぶん)

 

ひさしぶりに合奏して 音楽熱があがってきている コミケでCD出す目標を見失わぬように たまにこうしてなにかあげようとおもう

クラムボンコピーしたいね

海原の月

タイトルは安藤裕子の曲

映画自虐の詩の主題歌でもある 私はこの映画で10回は泣いた

 

最近は仕事でメンヘラ(もはやサイコパス)の相手をしつつ休日は新しい生活の準備をしている

 

仕事について

感情の皮をもたないメンヘラの相手は難しい 非論理な論理で殴られる 仕様は誰も知らない

私が仕様の元ネタを考えて メンバと議論しながら またそれを元にネタを考えて議論する

というのを一週間続けている  消耗しているし  今週は低気圧がひどかった  PMSから逃れる事もなできない

今まで比較的小規模な(そして簡単な)開発を続けていて  

これだけ複雑な  要件も固められていない  改修をするのは  恐ろしさ半分  楽しさ半分  

その道がながいオトナたちと  対等かどうかはわからないが  意見を言い  それについて意見をぶつけられたり  納得してくれたり  という行為を重ねることで  

承認欲求が満たされる感覚がある

ただ  まだ先は暗闇のまま  

 

きたる新生活について

新しい生活については  着々と準備をしている

先週は式場の見学をした  明日(今日か)別のところを見に行って決定

家族のみで開く予定なので  思うより(あくまでも思うより)疲れることなく   式を挙げることができそう  

式を挙げることのメリットデメリットはそれぞれあるが  

区切りとして(私は名字変わるし割と大きい変化)神前や人前に誓うことは 悪くないことだとおもう 

(御披露目するかは人によるだろう 私はそういうのは好きじゃない 結局価値観の問題か)

 

今日家を二件申し込んだ 一件はキャンセル待ちである  

費用感的にキャンセル待ちが本命だが  

もう一件のところも  とてもよい  

餃子パーティも余裕でできるお部屋なので  落ち着いたら開きたい