読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子.log

餃子紹介ページではありません

睡眠の時間確保と質向上のための施策その2

結果から言うと

いまのところあんまりうまくいってはいない
ただ稼働が高くなっている(13-14時間半労働がここ数稼働日続いてる)からというのはありそう


薬は増えたまま効かなくなった 
職場でご飯を食べられなくなった 


ただ、したことに意味があったとはおもう
例えば、まくらの変更は「寝るときのストレス」の解消にはやくだっている   数字にはあらわれないけれど…まくらが変わると緊張する性格なので   慣れてないだけともいえる    横に向いたときのフィット感はとてもすごいもの


こんな悲しいところでも生きていくよう考え方をかてるか
生きていけるようなところにするのか

まずはふたつのあいのこで、「私らしい業務遂行のしかた」「家事のやり方」など   わたしらしくってどうするの   というところからはじめている



さいきんしてること

  • 要件定義から携わってきたしことが所謂「開発フェーズ」にはいっている   プログラミング、なかなかいうこときいてくれない
  • 別件の仕事が少し   でも平行で何かをすると言うのは難しい
  • 割り込みタスク  私の稼働が高くなる一つの原因


週も半ばでそろそろつらいけどやるしかない